Finale楽譜作成ソフトウェア

フィナーレが音楽に生命を吹き込みます

ジャンルを問わずあらゆる種類の楽譜を柔軟に記譜し印刷することができるフィナーレ。読みやすい楽譜を作る。音を聴きながら作曲する。そして作品をシェアする。世界標準と賞賛される楽譜作成ソフトウェアFinaleは、「楽譜を作りたい」という全ての皆様のニーズに応え、出版や演奏など各シーンに最適な楽譜はもちろん、現代音楽やコード譜、タブ譜、また教育用の楽譜など、あらゆる種類の楽譜をスマートに美しく作成することができます。

最新のFinale version 26では、アーティキュレーションの積み重ね配置や位置調整を自動化、符尾の反転にアーティキュレーションが自動追従、コード・ネーム/発想記号/変形図形のライブラリが拡張、各フォント用コード・サフィックス・ライブラリの革新によりコード記号の拡充、パフォーマンスの向上、Retinaサポートの向上、多くの新しいテンプレートなど、 正にメジャー・バージョンアップに相応しい仕上がりを提供しています。詳しくは新機能紹介ページをご覧下さい。

Sheet music icon

create your way - 自由な発想で創造を

フィナーレは、何を創造するかだけでなく、どのように創造するかついての自由も提供します。単純なリードシートからオーケストラ譜、時には全く新しいスタイルのスコアを創り出す場合も、自分の好きなように音楽を描き、インスピレーションを最大限に引き出すような順序と方法でスコアを創り出せます。

Pencil icon

編集

手書きとは異なる利便性を:ひとたびFinaleに入力すれば、編集の制約から解き放たれます。瞬時に小節を移動する、キーを変更するなど、さまざまな方法で入力内容を変更することができます。また、音符が楽器の音域外で書かれたことを示すなど、Finaleは編集上のアシストも提供します。

Listening ear icon

プレイバック

素晴らしいプレイバックは、あなたの創造性を刺激します。発想記号等を読み取るフィナーレ独自のHuman Playbackは、書き手が演奏者に求めるニュアンスの再現を可能にします。さらにFinaleには、よりリアルなサウンド・クオリティを追求するため、プレミアムなGarritanサンプル音源の膨大なライブラリを搭載しています。こちらでサウンドをご体感ください

Email icon

楽譜データの共有

譜面は共有が目的です。 制作時には同じフィナーレ・ユーザーとはもちろん、MusicXMLにより他製品ユーザーともファイル交換が可能。完成した譜面を共有する準備が整ったら、紙に印刷するのみならず、PDFファイル、オーディオ・ファイル、MIDIファイルなど、最高のパフォーマンスを生み出すためのあらゆる方法でシェアできます。

フィナーレ機能紹介

使い始める
使い始める

簡単に使い始めることができます。楽器を設定する、記譜用フォントを選択する、テンプレートを使用する、いずれも画面上の指示に従って操作するだけです。

音符を入力する
音符を入力する

MIDI鍵盤やパソコン・キーボード、マウスの組み合わせにより、さまざまな方法で入力することができます。パソコン・キーボードの各キーを音楽記号に当てはめ簡単入力を実現するFinaleならではの「高速ステップ入力」は、プロ音楽家にも高い評価を得ています。

記号や歌詞などを追加する
記号や歌詞などを追加する

Finaleでは歌詞、ギターのタブ譜、コード、その他の入力プロセスが自動化、省力化されています。

編集ツール
編集ツール

Finaleの便利な編集ツールを使えば、簡単に楽譜を仕上げることができます。たとえば、選択ツール、複数ページの編集機能、スコア・マネージャー、直観的なカット/コピー/ペーストのオプションなどが役立ちます。

楽譜を再生する
楽譜を再生する

発想記号等を読み取るフィナーレ独自のHuman Playback、付属するプレミアムなサンプル音源ライブラリ“Garritan for Finale”、外部サウンド・ライブラリへの対応、数々の革新的なツールによって、Finaleでは楽譜の外観だけでなくプレイバック・サウンドも優れています。

楽譜を共有する
楽譜を共有する

印刷したページやオーディオ・ファイルのほか、楽譜作成ソフト共通のファイル・フォーマットであるMusicXMLとの互換性もバージョン・アップごとに改良が加えられています。

教育用ツール
教育用ツール

カスタマイズ可能な音楽教育用ワークシート、トレーニング・ウィザードなどの独自の機能によって、音楽の指導者の貴重な時間を節約します。

作曲/編曲時間を節減
作曲/編曲時間を節減

独自のアイデアが生まれる機能、移調や音域チェックなどの必須ツール、リンクしたパート譜など時間節減に役立つツール。これらすべてが揃っています。

プロダクション/シーケンス・ツール
プロダクション/シーケンス・ツール

FinaleではスタンダードMIDIファイルを開いたり、ファイルをスタンダードMIDIファイルとして保存したりすることができるので、現在の音楽制作現場で需要の高いプロダクション/シーケンス・プログラムと組み合わせて使うことができます。Finaleに搭載されているReWire機能により、サードパーティ製DAW(デジタル・オーディオ・ワークステーション)との連携も可能です。

最後の仕上げ
最後の仕上げ

楽譜出版業界の標準でもあるFinaleだから、ページの印刷に関するあらゆる設定が可能です。

プレイバック・サウンドをご体感ください

Finale 動作環境

Windows版動作環境

windows

Mac版動作環境

mac

Finale ご購入

バージョンアップ

旧バージョンからFinale 26へ

14,800円から

新規ご購入

今日からFinale 26のユーザーに

54,800円から

<優待版>
【学生、教職員、音楽講師様へ】
アカデミック版 – 34,800円から
【他社製品ユーザー様へ】
クロスグレード版 – 18,800円

アップグレード

SongWriter、PrintMusic、AllegroからFinale 26へ

49,800

Jennifer Higdon

“我々プロの作曲家にとっては、こと細かい調整ができるという面で、やっぱりFinaleなんですよね。Finaleは、車に例えるとマニュアル車みたいなものなんです”

吉松 隆:作曲家

Justin Hurwitz

“Finaleは楽譜のルールを学習するためのツールにもなっているんだなと思います。楽譜が分かるようになれば、読む時の意識も変わります”

松本 あすか:ピアニスト/作曲家/音楽教育家

スティーヴ・ヴァイ

“普通じゃない記譜法を使ってスコアを書きたくなることがある。そんな時にFinaleは凄く良いんだ”

スティーヴ・ヴァイ:ギタリスト/作曲家