Finale Music
MI7 Japan

「知る」— Finaleでのピアノ・スコア制作


楽器別フィナーレ活用術VOL.2:ピアノ編

ピアノなどの鍵盤楽器は音階やヴォイシングに制限が少なく作曲・アレンジに便利なため、ピアノ専門でなくてもMIDI鍵盤を持っている人は多いでしょう。Finaleファミリー製品はMIDI鍵盤を用いた便利入力機能を多数搭載しており、またS字スラーや五線をまたぐ連桁などピアノならではの表現も自由自在です。その一部をご紹介いたしましょう。

Piano x Finaleファミリー

<第1章> ピアニストによるFinale活用の実際

1.MIDI鍵盤での音符入力2.コードネームの入力3.移調機能4.スラッシュ表記/リズム譜5.譜めくり位置の調整

<第2章> ピアノ特有の表現

1.指番号の入力2.ペダル記号の入力3.五線をまたく連桁4.S字スラー5.キーボード特有の記号各製品の違い



<第1章> 1. MIDI鍵盤での音符入力

Finaleファミリー製品では、音符を入力する方法が多数用意されています。

1.マウスで一音ずつ入力(ステップ入力)
2.MIDI鍵盤と数字キーによる素早い入力(高速ステップ入力)
3.MIDI鍵盤での演奏内容を採譜(リアルタイム入力)
4.既存の楽譜をスキャンして取り込む(スキャン入力)
5.スタンダードMIDIファイルの読み込み
6.MusicXMLファイルの読み込み

この中でも、ピアノ&キーボード奏者の皆様は「2.高速ステップ入力」と「3.リアルタイム入力」にぜひご注目ください。鍵盤の演奏に慣れ親しんだ方にとっては大変効率のよい音符入力方法になります。

【高速ステップ入力について】 
高速ステップ入力は、入力したい音の高さをMIDI鍵盤で指定し、音価を数字キーで指定するという入力方法です。MIDI鍵盤で弾いた内容を耳で確認しながらひとつずつ数字キーで確定させていくため、アレンジを行いながらの音符入力には大変有効ですし、確実性があり音符の入力ミスを劇的に減らすことができます。操作に慣れれば実際に演奏をする速度よりも早く確実に入力できるようになるでしょう。このことから、Finaleを職業として日常的に使用されている音楽家の方々の多くはこの入力方式を採用しているほどですので、ぜひマスターしていただきたい入力方法です。 なお、「高速ステップ入力」を扱えるグレードは、FinaleとPrintMusicです。

<高速ステップの操作説明動画を観る>

【リアルタイム入力について】 
リアルタイム入力は、メトロノームに合わせて演奏した内容がそのまま楽譜になってしまうという画期的な入力方法です。しかしながら、メトロノームのカウントに少しでも乗り遅れるとその通りに採譜されてしまうため、入力の際には音楽的ではなく機械的な演奏を試みるといった工夫が必要になります。また、「分割ポイント」を定めておくことにより、両手での演奏をそれぞれ高音部譜表と低音部譜表に振り分けて入力することも可能です。 なお、「リアルタイム入力」を扱えるグレードは、Finale、PrintMusic、SongWriterです。ただし、一部Finaleでのみ扱える機能がありますので下記に紹介します。


【タップ入力】 
「クォンタイズ」の設定画面「タップ」機能の設定画面Finaleでは、複数の五線に演奏内容を振り分ける「マルチトラック・レコード」と、メトロノーム用のカウントを自分でとりながら難しいフレーズの箇所はテンポを緩めたりして自分の好きなペースで入力できる「タップ」機能を使用することができます。


【クオンタイズ】 
SongWriter以上のグレードには、ばらついたタイミングで演奏された音符をあらかじめ指定しておいた音符の種類によって強制的にジャストのタイミングへ移動させるタイミング補正の機能「クォンタイズ」も搭載されています。

【入力に用いるMIDIキーボードについて】
クリックして拡大パソコンがMIDI機器として認識可能なものであれば、基本的にどのMIDIキーボードもFinaleへの入力用としてお使い頂けます。なお、最近のMIDIキーボードの多くはUSBケーブルを用いてパソコンを接続できますが、少し前の電子ピアノやシンセサイザーなどにはUSB端子が付いていないものもあります。その場合はRoland UM-ONE mk2などのUSB MIDIインターフェースをお使い下さい。



<第1章> 2. コードネームの入力

ポピュラー系の楽譜に欠かせない情報の一つがコードネーム(コードシンボル)ではないでしょうか。Finaleファミリー製品では、大変直感的にこのコードネームを表記することができます。Finaleではさらにコード自動解析の機能も備えていますので、コード理論が苦手な方にとっては心強いツールとなることでしょう。

【テキストとして入力】 
NotePadでは「コード・ツール」非搭載のため、コードネームは「テキスト・ツール」で、テキストとして入力します。しかし、音楽的な情報は含まないため、コードのプレイバックはできません。

【手入力】 
SongWriter以上のグレードには「コード・ツール」が搭載されています。「コード・ツール」で入力されたコードネームは実際にその構成音をプレイバックさせることもできます。入力方法については、シンプルなコードであれば次に紹介している③と④の方法も有効ですが、現実的には複雑なコードネームを入力することの方が多いことから、コードネーム入力の際にはこの「手入力」がもっとも使用頻度が高いと言えるでしょう。

ワープロのように、目的の拍にタイプしていきます。例えば、このようなコードネームを入力したい場合には、「C」「m」「7」「(」「b」「5」「)」とタイプします。

そして、下記の記事でも紹介しているように、より複雑なコードネームでもサフィックス(ルート以外の要素)を一覧から選択しながら入力できる方法もあるので、コードネームを多用する方は是非覚えておきたいテクニックです。
〔Finale Tips〕複雑なコードネームを入力する際の時短テクニック

コード・サフィックスはかなり複雑なものまでプリセットされているが、一覧に無い場合は自作することも可能また、「コード・サフィックスの選択」画面の各サフィックス番号(左上の数字)を「:(コロン)」に続けて入力することでサフィックスを指定することができます。例えば、「C:9」と手入力すると「9番」に対応する「m7(♭5)」が呼び出され、手入力では若干面倒な「Cm7(♭5)」のコードネームを簡単に入力することが可能です。

【MIDI鍵盤で実際に弾いて入力】
MIDI鍵盤を実際に弾いて、その構成音からFinaleがコードネームを判別して、楽譜上にコードネームを入力する方法です。ただし、この方法では複雑なコードになると必ずしも正しい解析結果を得られるとは限りません。

【入力済みの音符からコードを自動解析】
既に入力されている音符に対して、その構成音を頼りにコードネームを自動解析して表示させる方法です。シンプルな和音であれば、次の例のようにしっかりと解析され実用性もあります。ただしジャズでよく使われるような複雑なコードの場合は、必ずしも正しい解析結果を得られるとは限りません。

コードネームを自動解析して入力した例。このようにシンプルな和音であれば高精度で認識可能

<第1章> 3. 移調機能

ヴォーカルの伴奏では、歌い手の能力やプログラム構成によって、調(キー)を変更するケースがよくあります。また、難しい調の曲を平易な調に変更して初心者の練習題材とするケースもあるでしょう。Finaleファミリー製品では、曲全体の調を簡単な操作で変更することができます。この移調操作は「調号ツール」を用います。

Finale NotePad

  • NotePadでの移調設定画面NotePadでは、曲全体の調を変更することはできますが、曲の一部を変更することができません。従って、曲の途中から調を切り替える「転調」を表現することができません。

Finale SongWriterFinale PrintMusic

  • SongWriter、PrintMusicでの移調設定画面SongWriter|PrintMusicでは、では、曲の一部を部分的に移調することも可能になりますし、曲の途中での転調にも対応できます。また、移調時の既存の音符の処理方法を細かく選択することもできます。

Finale

  • Finaleでの移調設定画面最高峰のFinaleでは、SongWriter|PrintMusicでの移調設定機能に加え、現代音楽や一部の移調楽器で用いられる「調号を使わずに臨時記号表記にする」設定が可能になります。


<第1章> 4. スラッシュ表記、リズム譜

ポピュラー系の音楽の中でも特にジャズやロックなどのアドリブ系で多用されるのが、小節に斜線を引く「スラッシュ表記」や、音程情報を省きリズムのみを示す「リズム表記」です。ここではこれらの特殊な表記方法についてご紹介します。

Finale NotePad

  • NotePadでは、楽譜の表記方法は実音表記のみです(スラッシュ表記やリズム表記などはできません)。

Finale SongWriterFinale PrintMusicFinale

  • クリックして拡大SongWriter以上のグレードでは、スラッシュ表記やリズム表記など、さまざまな表記方法を選択できます。


<第1章> 5. 譜めくり位置の調整

ピアノ譜のレイアウトに際して、考慮しなければならない点のひとつに「譜めくりのしやすさ」が挙げられます。見本楽譜のように、譜めくり頁の最終小節に休符や全音符などの長い音符が来るようにレイアウトをするとよいでしょう。

見本楽譜

Finale SongWriterFinale PrintMusicFinale

  • Finaleでの「小節のはめこみ」設定画面NotePadでは、1段あたりに収める小節数を変更することができませんので、残念ながらこのように配慮が行き届いたレイアウトを行うことができません。 SongWriter以上のグレードでは、「ユーティリティ」メニュー内の「小節のはめこみ」機能で1段あたりに収める小節数を任意に編集することができますし、上下の矢印キー「↑」「↓」を使用して特定の小節を前や後ろの段に送ることもできます。


<第2章> 1. 指番号の入力

ピアノ用の楽譜に付き物の記号の一つに「指番号」があります。手の大きさによって指番号の付け方も変わります。ピアノの先生でしたら、生徒ひとりひとりに合わせてオリジナルのレッスン用楽譜を作成することも可能になります。

Finale NotePad

  • NotePadでは指番号入力用のツールは用意されていないので、「テキスト・ツール」を用いて一つ一つ手入力をしていくことで指番号を表記することが可能です。なお、テキストツールのデータはレイアウト変更に追従しません。

Finale SongWriterFinale PrintMusic

  • クリックして拡大SongWriter|PrintMusicでは、「アーティキュレーション・ツール」内に指番号用の数字がプリセットされていますので、これを用いて指番号を表記します。

Finale



<第2章> 2. ペダル記号の入力

ピアノ&キーボード特有の奏法として、ペダル操作が挙げられます。ペダル記号の表記には2通りあります。1つはキャラクターを配置する方法と、もう一つは線を配置して視覚的にペダルの上げ下げを表記する方法です。

Finale NotePadFinale SongWriterFinale PrintMusicFinale

  • NotePadでの選択画面前者のキャラクターを用いた方法はNotePadを含む全てのグレードで表記が可能です。「アーティキュレーション・ツール」内にプリセットされています。

Finale

  • 特殊ライン・ツールFinaleでの「変形線形」選択画面最高峰のFinaleでは、では、加えて「変形線形」としても入力することが可能です。こちらの場合はペダルONとOFFの記号がペアになっているため、箇所によってはこちらの方が扱いやすいと言えます。ケースによって使い分けてください。

    ※「変形線形」についての詳細はこちら(WindowsMac

    変形線形を呼び出すには、変形図形パレットにある「特殊ライン・ツール」のアイコンを〔Windows〕Ctrキー/〔Mac〕Optionキーを押しながらクリックします。

「変形線形」を用いてペダル記号を入力した例

Finale NotePadFinale SongWriterFinale PrintMusicFinale

  • これらのペダル記号は、見た目だけではなくプレイバック効果としても再現されます。これは、Finaleファミリー製品の「Human Playback」機能によるものです。ペダル記号が無い状態(左)と、ある状態(右)のプレイバックサンプルを下記よりお聴きいただけます。

再生した楽譜



<第2章> 3. 五線をまたく連桁

ピアノ&キーボードの楽譜では、下記のように左手と右手の五線をまたぐ連桁がしばしば見られます。Finaleファミリー製品ではFinaleのみがこのような記譜を実現することが可能です。

Finale



4. S字スラー

下記の楽譜のように、スラーが入り組んでいる楽譜もFinaleファミリー製品ならば手を煩わせることなく簡単に表記が可能です。

Finale NotePadFinale SongWriterFinale PrintMusicFinale



<第2章> 5. キーボード特有の記号

アコースティック・ピアノではなく、電子キーボードのための楽譜に記譜されることのある奏法記号について紹介しておきましょう。

Finale NotePadFinale SongWriterFinale PrintMusicFinale

クリックして拡大【ベンディング記号】
ピッチ・ベンドのコントローラーを動かして、音程を変化させる奏法です。





  • ①は、NotePadを含むいずれのグレードでも作成することが可能です。「変形図形ツール」の「スラー」を応用しています。
  • ②④は、Finaleのみで表現が可能です。「変形図形ツール」の「ギターベンド・ツール」を使用しています。
  • 図形発想記号の設計画面③もFinaleのみです。「発想記号ツール」の「図形発想記号」の設計で自由に図形記号を作成することが可能です。

【ヴィブラート記号】
モジュレーション・ホイール等を用いて音にヴィブラートをかける奏法です。

ヴィブラート

  • NotePadでは、「変形図形ツール」の「グリッサンド・ツール」を用います。
  • SongWriter以上のグレードでは、「変形図形ツール」の「トリル・ツール」を用いた方が、水平の波線を入力するのには適しています。


SongWriterとPrintMusicの違いについて

ここで事例に挙げたようなスコアを制作する場合は、SongWriterとPrintMusicの間で完成品に違いはありません。ただし、操作性や応用性に関し、両製品は以下のような違いがあります。

  • PrintMusicではSongWriterに搭載されていない高速ステップ入力を用いることで、同じ楽譜をより短時間に制作することができます。
  • PrintMusicではパート譜の抽出も可能であり、バンドスコアを制作すればキーボードのパート譜などを簡単に制作することができます(パート譜とは一つの楽器のみを取り出した楽譜で、5〜6分程度の曲ならば多くの場合、譜面台に乗るA4で2枚程度のスペースに曲全体を収めることができます)。
  • SongWriterは小規模アンサンブル向きで、パート数は最大8パートですが、PrintMusicでは最大24パートでオーケストラなど大規模アンサンブルも扱うことができます。

 

違いをオンライン・ビューアーでチェック!

クリックしてオンライン・ビューアーを表示最後に、NotePad、SongWriter、PrintMusic、Finaleの各製品でできることをまとめたスコア例を掲載します。オンライン・ビューアーでご覧下さい。

 

 

 

 

Finaleファミリーを今すぐ購入


Finaleを購入

PrintMusicを購入

SongWriterを購入

ページTOPへ