TIPS 14. 目からウロコのショートカット集「高速ステップ入力編」(Mac版)

【対象グレード】Finale、PrintMusic  ※いずれもMac版

【ショートカットを覚えましょう!】

高速ステップ入力は、ショートカットを使ってこそ、その真のパワーを発揮します。こちらの図はそのショートカット一覧です。

Finale TIPS

・A=Accidental(臨時記号)
・S=Sharp(シャープ)
・F=Flat(フラット)
・N=Natural(ナチュラル)
・R=Rest(休符)
・T=Tie(タイ)
・G=Grace Note(装飾音符)
・H=Hide(隠す)


というように、それぞれのキーは、英語表現の頭文字をとったものが多いので覚えておきましょう。

【問題となるショートカット】

上記で示した図は、フルキーボードの場合。ここで問題となるのは、ノートタイプのMacや最近のデスクトップ機に標準で付属する「Apple Wireless Keyboard」の場合です。テンキーの部分がありませんので、「clearキー」と「enterキー」が無いのです。

入力済みの和音から1音だけ消去したい時には「clearキー」は欠かせません。また、休符を音符に変換したり、入力済みの和音にさらに1音追加したい時にはやはり「enterキー」は欠かせません。つまり、「clearキー」と「enterキー」が無いのは非常に困るのです!

しかしご安心ください!これを代用する手段がありますのでご紹介します。

「clearキー」…「shift」+「delete」
「enterキー」…「fn」+「return」

この技も含めて、ぜひ覚えてくださいね!

F音すべてにシャープを付ける

【知っておくと便利な組み合わせ技】

例えば、こちらでF音すべてにシャープを付けたいとします。

1拍目のF音にカーソル合わせて、「+」を押すと…

2拍目にナチュラル記号がついてしまう

1拍目はシャープ記号がつきましたが、2拍目にナチュラル記号がついてしまいます。2拍目、3拍目、4拍目でも同様にシャープをひとつずつ付けていくのも手ですが、面倒ですよね…?

実は、その小節内の同じ音を一斉に半音変化させる方法があるのです!

方法は下記の通り。

「optionキー」と組み合わせる

1拍目のF音にカーソルを合わせてoptino +「+」を押してみてください。

F音すべてにシャープを付ける

選択音以降の、同一小節内の同音すべてに「+」の効果が適用されます。

ショートカットは、最初は覚え難いかもしれませんが、無理矢理にでも使っていくことが大事です。いずれ手クセのように馴染んでくると、それまでとは比較にならないほど音符入力のスピードがアップするはずですよ!


 

関連記事リンク集

 

《その他のTIPS記事》

《Finaleの基本操作を学べるリソース》

  • 譜例で操作方法を検索(Finaleオンライン・ユーザーマニュアルより。Finaleで可能なこと、それを行うための操作法が一目で分かり、初心者の方には特にお勧めです。)
  • クイック・レッスン・ムービー(Finaleの操作方法や便利な機能などを30〜60秒程度の短い映像でご紹介しています。)

News letter from finale

ニュースレターを希望される方は、以下のフォームにメールアドレスを入力し登録ボタンを押してください。

※通信は日本ジオトラスト株式会社のSSLにより暗号化され保護されています。