MI7 Japan

よくあるご質問(FAQ)


このページでは楽譜作成ソフトFinaleシリーズ各製品についてよくお寄せいただくご質問を掲載しています。
お調べになりたい情報のキーワードを入力し、製品のバージョン、プラットフォームなどを選択して「検索」ボタンをクリックしてください。


.
総登録件数:133件

[このページの使い方]
 
製品名:
OS:
カテゴリ:
.

macOS Sierra 対応状況について



対象製品: Finale 25, 2014, PrintMusic 2014
OS: macOS Sierra
カテゴリ: [基本情報] [PC、OS関連]

【最新情報】(2017/7/26 更新)

(OSX10.12.6対応状況)

「Finale 25」に関して
OSのアップデートに依存した不具合は確認されておりません。

「Finale 2014」、「PrintMusic 2014」

「発想記号」「アーティキュレーション」「コードサフィックス」「変形線形の選択」などのライブラリを参照するタイプのダイアログを開くとFinaleが強制終了となる問題が再度確認されております。

2014バージョンをご利用いただく場合には10.12.5からのアップデートは控えていただくことをおすすめいたします。



**********以下は以前の情報です。


(2017/6/5 更新)

(OSX10.12.5対応状況)

「Finale 25」に関して
OSのアップデートに依存した不具合は確認されておりません。

「Finale 2014」、「PrintMusic 2014」

10.12.4で発生していた「発想記号」「アーティキュレーション」「コードサフィックス」「変形線形の選択」などのライブラリを参照するタイプのダイアログを開くと強制終了が発生する問題が解消されていることを確認しています。

*今後のOSのアップデートにより問題が再発する可能性はあります。



(2017/3/29 更新)

(OSX10.12.4対応状況)

OSX 10.12.4 以降では Finale 2014、PrintMusic 2014はご利用いただけません。
「発想記号」「アーティキュレーション」「コードサフィックス」「変形線形の選択」などのライブラリを参照するタイプのダイアログを開くと強制終了が発生します。

10.12環境でお使いいただく場合には10.12.3からのアップデートはお控えください。
Finale 2014,PrintMusic2014に関してはメーカー側での開発が完了しているため今後ソフト側でのアップデータ等のリリースの見込みはありません。

*最新のバージョンのFinale 25ではこの問題は発生いたしません。



(2016/11/1 更新)

(OSX10.12.3対応状況)

5KのRetinaディスプレイなど高解像度モニタをご利用いただいている環境で、プレイバックや一部のダイアログを開く際に強制終了が発生する事例が確認されております。対処方法の有無を含めて詳細をMakeMusic側に確認を依頼しております。

*2016/12時点で問題の解消方法はございません。上記に不具合に該当する場合には
現行バージョンFinale 25ヘのバージョンアップをご検討ください。



(2016/9/29 更新)

Finale 2014dとPrintMusic 2014aでの検証結果をお知らせいたします。(2012以前のバージョンは非対応となります。)

MacOSX10.11.6で確認されていた特定ダイアログを開いた際に強制終了となる不具合は発生いたしません。



・OS更新にあたって

OSの更新後は、Finale(PrintMusic)を起動するには事前に「Java6」を再度インストールする必要があります。

下記ページからダウンロードいただけます。
https://support.apple.com/kb/DL1572?viewlocale=ja_JP&locale=en_US

*Java6に関して、Appleでの正式なサポート対象OSはOS X 10.11 El Capitanまでとなっております。弊社での検証ではFinaleでの利用において特に問題は確認されておりませんが、上記に関してはご了承の上インストールを行ってください。


その他確認された問題に関して

一部の環境に置きまして、旧バージョンのファイルを開いた際に一部のテキストフォントが文字化けしてしまい記譜用フォントで表示されてしまう事例が確認されました。

問題が起こった際には下記の手順での対処をお試し下さい。

Finaleの場合

「書類」メニュー>「データ・チェック」>「フォント・ユーティリティ」を開き表示されるダイアログにて「システムにないフォントをチェック」を選択して「適用」をクリックします。

問題があるフォントが表示されるので、リストから有効なフォントを指定します。

PrintMusicの場合

文字化けを起こしている項目のフォントを個別ツールで変更・修正します。
「五線名」などPrintMusicでは修正できない項目の場合には、お手数ではございますが、下記よりサポート窓口までお知らせください。

購入後のお問い合わせ:
https://www.finalemusic.jp/support/tech/


正式な動作対象とはならないため、可能な限りOSX10.11.5以前の環境でのご利用を推奨いたします。次期バージョン(Finale v25)に関しては、OSX10.11.6及び、macOS Sierraへ正式に対応となる予定です。


(2016/9/29 更新)ここまで
*********************************



Finale 2014d、PrintMusic2014aに関しましては 2016/9/21 現在動作検証を行っております。

確認が取れるまではアップデートはお控えくださいますようお願いいたします。

また、2012以前のバージョンに関しては、OSX 10.10以降のOS(10.11、10.12)には非対応となっております。








矢印 一覧へ戻る


▲ページ上部へ