MI7 Japan

よくあるご質問(FAQ)


このページでは楽譜作成ソフトFinaleシリーズ各製品についてよくお寄せいただくご質問を掲載しています。
お調べになりたい情報のキーワードを入力し、製品のバージョン、プラットフォームなどを選択して「検索」ボタンをクリックしてください。


.
総登録件数:136件

[このページの使い方]
 
製品名:
OS:
カテゴリ:
.

OSX10.11.6 での不具合に関して(「発想記号」ツール、「アーティキュレーション」ツールなど)



対象製品: Finale 2014, PrintMusic 2014
OS: OS X El Capitan
カテゴリ: [不具合情報] [インストール] [PC、OS関連]

OSX10.11.6 での不具合に関して

2016/8/2 時点では2014では不具合解消のめどが立っておりません。

10.11.6の環境で作業する必要がある場合には、英語版Finale/PrintMusic 2014.5を利用し、不具合が起こるツールでの作業を行う事で問題の回避をお試しください。

日本語版で作成されたファイルは日本語版独自のフォントを利用しているため、英語版のFinaleやPrintMusicでそのまま日本語版のファイルを開くと、記譜用フォントが文字化けを起こしてしまいます。その為、インストールの後に関連ファイルを手動で収めて頂く必要があります。

こちらの作業は普段表示されていない階層のファイルを編集するため誤った作業を行われた場合、ソフトウェアの動作に影響が出る可能性がございます。作業を行う際には十分ご注意ください。こちらの作業内容はサポートの対象外となります。作業を行われる際には自己責任で行っていただきますようお願いいたします。

*英語版での注意事項はこのページの末尾を確認してください。


2014.5 インストーラーは下記からダウンロードします。

ダウンロード Finale 2014.5 英語版(Garritanは含まれません)

ダウンロード PrintMusic 2014.5 英語版

いずれも2014日本語版にて認証が行われていればライセンス認証を行う必要はありません。

インストール完了後、FinaleやPrintMusicを起動する前に下記の手順でファイルの手動インストールを行います。

日本語用関連ファイルをダウンロード(ファイル名:FilesForJapaneseFinale.zip)

ダウンロードしたZIPファイルを解凍すると下記の5個のファイルがあります。

MacSymbolFonts.txt
Chaconne.fan
Kousaku Perc.fan
Kousaku.fan
Rentaro.fan

1.)シンボルフォントとしての登録

「MacSymbolFonts.txt」を下記のフォルダの同名のファイルと差し替えます。

Library/Application Support/MakeMusic/Finale 2014.5(またはPrintMusic 2014.5)/Configuration Files


(フォルダの開き方)

Finderの「移動」メニュー>「コンピュータ」を開きます。


OSX 10.11.6



「Macintosh HD」(環境により名称が異なる場合があります。)直下の「ライブラリ」を開きます。

OSX 10.11.6



「ライブラリ」>「Application Support」>「MakeMusic」>「Finale 2014.5」または「PrintMusic 2014.5」>「Configuration Files」の順でフォルダを開き中にある「MacSymbolFonts.txt」をダウンロードしたファイルと差し替えます。

このファイルを差し替える事で日本語版に付属している記譜用フォントがFinaleやPrintMusicにシンボルフォントとして認識されます。

2.)フォント付加情報ファイルの追加

残りの「Chaconne.fan」「Kousaku Perc.fan」「Kousaku.fan」「Rentaro.fan」を以下のフォルダに収めます。

/Library/Application Support/MakeMusic/Finale 2014.5(またはPrintMusic 2014.5)/Font Annotation

上記と同じ手順で「Finale 2014.5」または「PrintMusic 2014.5」まで開き「Font Annotation」フォルダにこれらの4ファイルを収めます。

この状態でFinale/PrintMusic 2014.5 を起動しファイルを開き編集をお試しください。




また、上記の作業を行われる前に一度でもFinale/PrintMusic 2014.5を起動してしまっている場合、上記の階層にファイルを収めてもユーザー階層にコピーされたフォルダに追加が反映されなくなってしまいます。

その場合には、直接ユーザー階層のフォルダにもこれらのファイルを収める必要があります。

(フォルダの開き方)

Finderの「移動」メニューを「Option」キーを押しながら開き「ライブラリ」を開きます。
(「Option」キーを押している間だけ「ライブラリ」が表示されます。こちらは、ユーザーフォルダ以下のライブラリとなります。)

OSX 10.11.6


上記と同じく「Application Support」>「MakeMusic」>「Finale 2014.5(またはPrintMusic 2014.5)」の順でフォルダを開き関連ファイルをそれぞれのフォルダに収めます。

OSX 10.11.6


(ご注意)

*Garitan関連の関連ファイルはインストールされないため、プレイバックなど他の作業は日本語版で行ってください。

*こちらのアプリケーションのメニューなどはすべて英語表記となります。

*2014.5では日本語フォントを選択出来ない不具合が発生します。また、日本語環境で英語版Finaleを起動した場合、日本語のフォントがリストに表示されません。英語版2014.5にて日本語の発想記号を作成する必要がある場合はこちらの設定を行ってください。

「英語版2014.5で日本語フォントを選択するには (Macintosh)」
https://www.finalemusic.jp/faq/faq.cgi?v=2016080217402531






矢印 一覧へ戻る


▲ページ上部へ