MI7 Japan

よくあるご質問(FAQ)


このページでは楽譜作成ソフトFinaleシリーズ各製品についてよくお寄せいただくご質問を掲載しています。
お調べになりたい情報のキーワードを入力し、製品のバージョン、プラットフォームなどを選択して「検索」ボタンをクリックしてください。


.
総登録件数:136件

[このページの使い方]
 
製品名:
OS:
カテゴリ:
.

Garritan Jazz and Big Band 3のセットアップ



対象製品: Finale 25, 2014, 2012, 2011, 2010, 2009, PrintMusic 2014, 2011, 2010
OS: 全OS, 共通
カテゴリ: [基本情報] [インストール] [プレイバック]

Q: Garritan Jazz and Big Band 3を買いました。Finaleで使うにはどうしたらいいでしょうか。

A: お使い頂いているFinaleのバージョンと環境により異なります。対応する項目をご確認ください。(*Finale 2009以降に対応しています。2008以前の環境ではお使い頂けません。)

Garritan Jazz and Big Band 3(以降JABB3)のインストールではFinaleで使用する為に必要な関連ファイルが自動的にインストールされる仕様となっています。

また、お使いの環境に複数のバージョンのFinaleがインストールされている場合、JABB3のインストールではその時に認識したいずれかの一つのバージョンのFinale関連フォルダだけ必要ファイルがインストールされ、実際に使用しているバージョンに必要ファイルがインストールされない場合があります。

インストール後にお使いのFinaleのバージョンにてJABB3が確認できない場合、下記の手順での作業をお試しください。

*注意
Finale 2012以降をご利用の場合、製品版のGarritan 製品をインストールする事でAriaPlayerのバージョンが古くなってしまう場合があります。Garritan製品のインストールの後に、Finale付属のGarritan Instruments for Finaleの音が出ない場合やエラーが表示される場合には、下記のページからFinale 2012,2014のアップデーをダウンロード、インストールをお試しください。

http://www.finalemusic.jp/downloads/updata.php

Finaleは終了した状態で作業を行います。

必要となる関連ファイルを下記からダウンロードしてデスクトップなど分かりやすい場所に保存して解凍します。(解凍されたフォルダにはここで案内しているすべてのバージョン向けのファイルが入っていますのでお使いのバージョンによっては使用しないファイルがあります。)

ファイルのダウンロード


また、Windows 環境において「Application Data」や「ProgramData」など * が付いたフォルダは不可視フォルダとなります。表示させる為にはOS側の設定変更が必要となります。手順は下記のFAQの記事を参照してください。
http://www.finalemusic.jp/faq/faq.cgi?v=2012022218001638



Finale 2012/2014/25

1.)「JABB Drum Sets and Percussion.xml」ファイルを下記のフォルダにコピーします。

Windows XP の場合:
C: > Documents and Settings > All Users > Application Data* > MakeMusic > > Finale 2012(2014) > MIDI Device Annotation

Windows Vista/7/8の場合:
C: > ProgramData* > MakeMusic > Finale* > MIDI Device Annotation
*バージョンによりフォルダ名が異なります

Macの場合:
Mac HD > Library > Application Support > MakeMusic > Finale* > MIDI Device Annotation


2.)「GarritanJazz3.soundmap」ファイルを以下のフォルダにコピーします。

Windowsの場合:
C: > Program Files > Finale* > Data

Macの場合:
Macintosh HD > ライブラリ > Application Support > MakeMusic > Finale 2012(2014) > Data 


Finaleを起動して動作を確認してください。


「MIDI/Audio」メニュー>「サウンドマップの優先順位」にて「JABB3」を最上位に設定する事で「スコアマネージャー」の「楽器リスト」で音色を変更した際など優先的に「JABB3」の音色が適用されます。
「MIDI/Audio」メニュー>「プレイバックサウンドの再割り当て」にて「JABB3」を優先した音色割り当てを適用する事が出来ます。



Finale 2011J

1.)「JABB Drum Sets and Percussion.xml」ファイルを下記のフォルダにコピーします。

Windows XP の場合:
C: > Documents and Settings > All Users > Application Data* > MakeMusic > Finale 2011 > MIDI Device Annotation

Windows Vista/7/8の場合:
C: > ProgramData* > MakeMusic > Finale 2011 > MIDI Device Annotation

Macの場合:
Mac HD > ライブラリ > Application Support > MakeMusic > Finale 2011 > MIDI Device Annotation


2.)「GarritanJazzinstrument3.txt」ファイルを下記のフォルダにコピーします。

Windows XP の場合:
C: > Documents and Settings > All Users > Application Data* > MakeMusic > Finale 2011 > VST Support

Windows Vista/7/8 の場合:
C: > ProgramData* > MakeMusic > Finale 2011 > VST Support

Macの場合:
Mac HD > ライブラリ > Application Support > MakeMusic > Finale 2011 > AudioUnits Support


Finaleを起動して動作を確認してください。



Finale 2010J

もしセットアップウィザードの「楽器セット」で「JABB3」が選択肢にない場合、下記の作業を行ってください。


1.)「JABB Drum Sets and Percussion.xml」ファイルを下記のフォルダにコピーします。

Windowsの場合:
C: > Program Files > Finale 2010J > Finale MIDI Devices

Macの場合:
Macintosh HD > アプリケーション > Finale 2010J > Finale MIDI Devices

2.)「GarritanJazzinstrument3.txt」を下記のフォルダにコピーします。

Windowsの場合:
C: > Program Files > Finale 2010J > Finale VST

Macの場合:
Macintosh HD > アプリケーション > Finale 2010J > FinaleAU

Finaleを起動して動作を確認してください。



Finale 2009J

もしセットアップウィザードの「楽器セット」で「JABB3」が選択しにない場合、下記の作業を行ってください。

・「GarritanJazzinstrument3.txt」を下記のフォルダにコピーします。

Windowsの場合:
C: > Program Files > Finale 2009J > Finale VST

Macの場合:
Macintosh HD > アプリケーション > Finale 2009J > FinaleAU

Finaleを起動して動作を確認してください。



PrintMusic 2011J

もしセットアップウィザードの「楽器セット」で「JABB3」が選択肢にない場合、下記の作業を行ってください。

1.)「JABB Drum Sets and Percussion.xml」ファイルを下記のフォルダにコピーします。

Windows XPの場合:
C: > Documents and Settings > All Users > Application Data* > MakeMusic > Finale PrintMusic 2011 > MIDI Device Annotation

Windows Vista/7/8の場合:
C: > ProgramData* > MakeMusic > Finale PrintMusic 2011 > MIDI Device Annotation

Macの場合:
Macintosh HD > ライブラリ > Application Support > MakeMusic > Finale PrintMusic 2011 > MIDI Device Annotation


2.)「GarritanJazzinstrument3.txt」を下記のフォルダにコピーします。

Windows XPの場合:
C: > Documents and Settings > All Users > Application Data* > MakeMusic > Finale PrintMusic 2011 > VST Support

Windows Vista/7/8の場合:
C: > ProgramData* > MakeMusic > Finale PrintMusic 2011 > VST Support

Macの場合:
Macintosh HD > ライブラリ > Application Support > MakeMusic > Finale PrintMusic 2011 > Audio Units Support


PrintMusicを起動して動作を確認してください。



PrintMusic 2010J

もしセットアップウィザードの「楽器セット」で「JABB3」が選択肢にない場合、下記の作業を行ってください。

1.)「JABB Drum Sets and Percussion.xml」ファイルを下記のフォルダにコピーします。

Windowsの場合:
C: > Program Files > Finale PrintMusic 2010 > Finale MIDI Devices

Macの場合:
Macintosh HD > アプリケーション > PrintMusic 2010J > Finale MIDI Devices

2.)「GarritanJazzinstrument3.txt」を下記のフォルダにコピーします。

Windowsの場合:
C: > Program Files > PrintMusic 2010 > FinaleVST

Macの場合
Macintosh HD > アプリケーション > PrintMusic 2010J > FinaleAU


PrintMusicを起動して動作を確認してください。



VSTインストゥルメントの選択肢に表示されない場合

PrintMusic 2011J/2010JのWindows環境において、AriaPlayerがVSTインストゥルメントとして選択肢が表示されない場合下記の作業を行います。

「ARIA Player VST_x86.dll」ファイル下記のフォルダからコピーします。

C: > Program Files > Garritan > ARIA Player > VST


それぞれ使用環境に応じたフォルダにペースト(貼り付け)を行います。

・PrintMusic 2011J

Windows XPの場合

C: > Documents and Settings > All Users > Application Data* > MakeMusic > PrintMusic 2011 > VST Support

Windows Vista/7/8の場合
C: > ProgramData* > MakeMusic > Finale PrintMusic 2011 > VST Support

・PrintMusic 2010

C: > Program Files > PrintMusic 2010J > FinaleVST


PrintMusicを起動して動作を確認してください。





矢印 一覧へ戻る


▲ページ上部へ