MI7 Japan

よくあるご質問(FAQ)


このページでは楽譜作成ソフトFinaleシリーズ各製品についてよくお寄せいただくご質問を掲載しています。
お調べになりたい情報のキーワードを入力し、製品のバージョン、プラットフォームなどを選択して「検索」ボタンをクリックしてください。


.
総登録件数:137件

[このページの使い方]
 
製品名:
OS:
カテゴリ:
.

Garritan Instant Orchestraインストール後にセットアップウィザードの楽器表示が英語になりました。



対象製品: Finale 2012
OS: 全OS, 共通
カテゴリ: [インストール] [PC、OS関連]

Q: Garritan Instant Orchestra のインストール後、セットアップウィザードの楽器のリストが英語に変わりました。日本語に戻すにはどうしたら良いですか?

A:下記よりファイルをダウンロードして同名のファイルと差し換え作業を行ってください。

http://www.finalemusic.jp/faq/files/Finale.instruments.zip

Garritan Instant Orchestraがインストールされる際にFinaleのセットアップウィザードにGIOが適用されるように自動的にFinale.instrumentsファイルが書き換えられます。GIOのインストーラでインストールされるファイルはローカライズされていない為、上記のファイルをダウンロード/解凍して、手動でファイルの入れ替えを行ってください。

Macintosh:
アプリケーション > Finale 2012 を「右クリック」>「パッケージをの内容を表示」を選択してアプリケーション内部を開きます。

Contents > Resourcesフォルダの中の Finale.instruments と差し換えます。

Windows:
ローカルディスク(C:) > Program Files > Finale 2012J > Resources フォルダの中のFinale.instruments と差し換えます。






矢印 一覧へ戻る


▲ページ上部へ