MI7 Japan

よくあるご質問(FAQ)


このページでは楽譜作成ソフトFinaleシリーズ各製品についてよくお寄せいただくご質問を掲載しています。
お調べになりたい情報のキーワードを入力し、製品のバージョン、プラットフォームなどを選択して「検索」ボタンをクリックしてください。


.
総登録件数:137件

[このページの使い方]
 
製品名:
OS:
カテゴリ:
.

アルペジオ記号を使用するとクラッシュします



対象製品: Finale 2008, 2007, PrintMusic 2009, 2008, 2007, Songwriter 2007, NotePad 2009
OS: Windows 7, Windows Vista
カテゴリ: [不具合情報] [記号関係] [プレイバック]

Q:楽譜作成時、アルペジオ記号を入力して作業を続けると、プレイバックなどのタイミングでアプリケーションがクラッシュします。

A:Windows Vista/Windows 7上で当該のバージョンの製品を使用された場合にこのような症状が発生することが確認されております。
この問題は、Finale では2009にて解消されておりますが、それ以外の製品では2010以降で改善しております。それらのバージョンでは、アーティキュレーションではなく変形図形のグリッサンド記号を使用してアルペジオ記号を入力することにより問題を回避することができますので、下記画像をご参照の上お試しいただけますと幸いです。

アルペジオ






矢印 一覧へ戻る


▲ページ上部へ