MI7 Japan

よくあるご質問(FAQ)


このページでは楽譜作成ソフトFinaleシリーズ各製品についてよくお寄せいただくご質問を掲載しています。
お調べになりたい情報のキーワードを入力し、製品のバージョン、プラットフォームなどを選択して「検索」ボタンをクリックしてください。


.
総登録件数:137件

[このページの使い方]
 
製品名:
OS:
カテゴリ:
.

小節の途中に終了反復小節線を表示したい



対象製品: Finale 2007以降
OS: 全OS, 共通
カテゴリ: [応用] [操作方法] [音符関連] [記号関係]

Q:小節の途中に終了反復小節線を表示したいのですが。

A:小節の途中に反復小節線を表示することは出来ないので、二つの不完全小節からなる一つの小節を作成して反復小節線を入力します。

プラグインの機能を使用することで、後から小節の分割を行うことも可能です。予め必要な音符を入力しておいた上で、後からプラグインの機能を使用して小節を分割します。

以下の方法で小節を分割した上で〔反復記号〕ツールにて反復小節線の入力を行います。

〔ブロック編集〕(2007)〔選択ツール〕(2008~)にて該当の小節をクリックして選択します。
〔プラグイン〕(Mac/コンセントマーク)メニュー>〔小節関連〕>〔小節の分割〕を選択します。

表示されるダイアログボックスが表示されるので、分割する拍を指定した上で各種設定を確認し〔OK〕をクリックします。

小節が分割されるので〔反復記号〕ツールで開始/終了反復小節線の入力を行います。

〔小節の分割〕プラグインでは、以下の編集が自動的に行われています。

・選択小節の後ろに新しい小節を挿入
・それぞれの小節の「実際の拍子」と「表示専用の拍子(曲の拍子)」を設定。
・前の小節に入力されている余分な音符を後ろの小節に移動
・後ろの小節の〔小節の属性〕〔オプション:小節番号にカウントする〕を無効に変更

2005以前のバージョンのFinaleでは「小節を分割」のプラグインが搭載されていないので上記に編集を手動で行う必要があります。

また、〔小節の属性〕の〔小節番号にカウントする〕オプションに関しては2006以降にあるオプションとなるので2005以前のバージョンでは、〔小節番号の表示方法〕ダイアログにて編集する必要があります。

Finale以外の製品(Allegro PrintMusicなど)では機能制限に付き、この編集を行うことはできません。

関連記事:反復後の弱起小節
http://www.finalemusic.jp/faq/faq.cgi?v=2012082415392614





矢印 一覧へ戻る


▲ページ上部へ