MI7 Japan

よくあるご質問(FAQ)


このページでは楽譜作成ソフトFinaleシリーズ各製品についてよくお寄せいただくご質問を掲載しています。
お調べになりたい情報のキーワードを入力し、製品のバージョン、プラットフォームなどを選択して「検索」ボタンをクリックしてください。


.
総登録件数:137件

[このページの使い方]
 
製品名:
OS:
カテゴリ:
.

レイヤーとは



対象製品: Finale 2007以降, Allegro 全バージョン, PrintMusic 2007以降, SongWriter全バージョン, NotePad 全バージョン
OS: 全OS, 共通
カテゴリ: [基本情報] [用語]

A:レイヤー

レイヤーとは、主に、複数の旋律を同一の五線に表示したい場合に使用します。
複数の透明フィルムに音符を入力し重ねる事で複数の旋律を同一の五線に表示するイメージになります。

Finaleシリーズでは、1つの五線に4つのレイヤーが存在し、この4つのレイヤーを重ねて表示することによって4声までの声部を表記することができます。さらにFinaleおよびAllegroではそれぞれのレイヤーに2つのボイス(声部)が内包されているので、最大8つの声部を表現することができます。

また、それぞれのレイヤーはプレイバック時に別の楽器を割り当てることができ、それぞれに独自のアーティキュレーションや発想記号を割り付けることもできます。

レイヤーの選択は「表示」メニュー>「レイヤーの選択」、または画面左下の「レイヤー選択ボタン」(Win)、「レイヤー選択メニュー」(Mac)デモ選択する事が出来ます。

レイヤー

それぞれのレイヤーに入力した音符は初期設定では下記の色で表示されます。

レイヤー1:黒
レイヤー2:赤
レイヤー3:緑
レイヤー4:青

また、歌詞、アーティキュレーションなど音符に付随する項目に関しては、選択されているレイヤーの音符に割り付けられます。
複数のレイヤーを使用されている場合、記号の入力、削除、編集の際には選択されているレイヤーにご注意ください。

選択ツールなどで特定のレイヤーだけを編集したい場合下記のURLをご参照ください。

https://www.finalemusic.jp/faq/faq.cgi?v=2012032112220118





矢印 一覧へ戻る


▲ページ上部へ