MI7 Japan

よくあるご質問(FAQ)


このページでは楽譜作成ソフトFinaleシリーズ各製品についてよくお寄せいただくご質問を掲載しています。
お調べになりたい情報のキーワードを入力し、製品のバージョン、プラットフォームなどを選択して「検索」ボタンをクリックしてください。


.
総登録件数:137件

[このページの使い方]
 
製品名:
OS:
カテゴリ:
.

バージョンの違いによる互換性



対象製品: Finale 2007以降, Allegro 全バージョン, PrintMusic 2007以降, SongWriter全バージョン, NotePad 全バージョン
OS: 全OS, 共通
カテゴリ: [基本情報]

Q: 古いバージョンのファイルを新しいバージョンでひらけますか?あるいはその逆は?

A: 古いバージョンのファイルは新しいバージョンでコンバートして開く事が出来ます。

「Finale」シリーズ製品は「上位互換」となっており、旧バージョンで作成したファイルを新バージョンで開くことは可能ですが、新バージョンで保存されたファイルを旧バージョンでそのまま、開くことは出来ません。

----------
【例】
・「Finale 2008」や「PrintMusic 2010」で作成したファイルを
 「PrintMusic 2011」で開くことは可能です。

・「PrintMusic 2011」で作成したファイルを
 「PrintMusic 2008」や「Finale 2010」で開くことはできません。
----------

これは新バージョンにて追加される機能や情報を、旧バージョンにて再現することが出来ない為とられている仕様となります。

また、「MusicXML」という形式を介することで新しいバージョンで作成されたファイルを古いバージョンで(2006までさかのぼって)開くことは可能です。別形式を介するためレイアウト関連が崩れてしまう場合がございます。

新しいバージョン側で「ファイル」メニュー>「MusicXML」>「エクスポート」からファイルを作成します。

古いバージョンにて「ファイル」メニュー>「MusicXML」>「インポート」からファイルを読み込みます。





矢印 一覧へ戻る


▲ページ上部へ