MI7 Japan

よくあるご質問(FAQ)


このページでは楽譜作成ソフトFinaleシリーズ各製品についてよくお寄せいただくご質問を掲載しています。
お調べになりたい情報のキーワードを入力し、製品のバージョン、プラットフォームなどを選択して「検索」ボタンをクリックしてください。


.
総登録件数:137件

[このページの使い方]
 
製品名:
OS:
カテゴリ:
.

曲途中の弱起小節



対象製品: Finale 2007以降, Allegro 全バージョン
OS: 全OS, 共通
カテゴリ: [応用] [操作方法] [音符関連]

Q: 1小節目の弱起小節の設定は出来ましたが、曲の途中に弱起を作成したい場合にはどうしたら良いですか。

A: Finaleの「弱起の設定」では1小節目のみの設定が行われるため、途中小節に弱起小節やそれに伴う不完全小節を作成したい場合には「拍子記号」ツールにて設定を行います。

「拍子記号」ツールを選択し該当の編集したい小節をダブルクリックします。

表示される「拍子記号」ダイアログボックスにて「選択項目を増やす」
をクリックするとダイアログボックス下部に設定項目が追加されます。

ダイアログボックス上側の拍子設定では、実際の入力する音符分の拍子を設定します。

下側の拍子設定は表示専用の拍子(曲の拍子)を設定し、「表示専用に
別の拍子記号を使う」の項目にチェックを入れます。

「変更する小節範囲」にて該当小節だけを選択した上で「OK」をクリックして変更を適用します。

この方法を使用することで最終小節に限らず、途中小節に弱起小節や不完全小節を作成することが可能なります。

また、「小節ツール」にて該当の小節をダブルクリックし「小節の属性」ダイアログにて「拍子記号:つねに表示しない」と設定して隠す方法もあります。






矢印 一覧へ戻る


▲ページ上部へ