MI7 Japan

よくあるご質問(FAQ)


このページでは楽譜作成ソフトFinaleシリーズ各製品についてよくお寄せいただくご質問を掲載しています。
お調べになりたい情報のキーワードを入力し、製品のバージョン、プラットフォームなどを選択して「検索」ボタンをクリックしてください。


.
総登録件数:137件

[このページの使い方]
 
製品名:
OS:
カテゴリ:
.

楽譜が文字化けします。(Macintosh)



対象製品: Finale 2007以降, Allegro 全バージョン, PrintMusic 2007以降, SongWriter全バージョン, NotePad 全バージョン, Reader
OS: Mac OS X 10.11 (El Capitan), Mac OS X 10.10 (Yosemite) , Mac OS X 10.9 (Mavericks) , Mac OS X 10.8 (Mountain Lion) , Mac OS X 10.7 (Lion) , Mac OS X 10.6 (Snow Leopard) , Mac OS X 10.5 (Leopard) , Mac OS X 10.4 (Tiger) 以前
カテゴリ: [不具合情報] [音符関連] [記号関係] [PC、OS関連]

Q:ファイルを開いたら音符や記号が文字化けしています。ト音記号が&、音符が半角の「マ」の用な表示になっています。

A:Mac OS Xでは、フォントなどのシステムに関連する様々な項目で、一度利用されたデータの二次利用を円滑にするためにキャッシュファイルという仕組みが採用されています、このキャッシュファイルをFinale側で正しく認識できない場合やこのファイルが破損してしまった場合にこのような問題が発生することがあります。このような問題が生じた場合は、お使いのOSバージョンにより、それぞれ下記の手順を実行してください。

Mac OS X 10.4 Tiger:
起動ディスクの「ライブラリ(あるいはLibrary)」フォルダの「Caches」フォルダ内にある「com.apple.ATS」というフォルダを削除してコンピュータを再起動させてください(再起動すると同フォルダは自動的に再作成されます)。


Mac OS X 10.5 以降:
「アプリケーション」フォルダ>「ユーティリティ」フォルダにある「ターミナル」を起動します。

画面にプロンプト($ で終わるコマンド待ち行)が表示されますので、下記を順番に入力します。
(各行の最初の「$」は入力しません。)

$ sudo atsutil databases -remove

returnを入力すると管理者パスワードを聞かれますので入力してreturnを押します。
パスワードを設定していない場合にはターミナルの作業を行うことが出来ない為、「システム環境設定」の「ユーザーとグループ」にて暫定的にお使いのアカウントにパスワードを設定してください。
ターミナルではタイプしてるパスワードは ****などとは表示されません。パスワードをタイプしてReturn(Enter)キーを入力すると入力が実行されます。

また、上記コマンドを入力した際には以下のような警告が表示される場合がありますが、そのまま続行してしてください。

*********************************************
WARNING: Improper use of the sudo command could lead to data loss or the deletion of important system files. Please double-check your typing when using sudo. Type "man sudo" for more information.
*********************************************

$ atsutil server -shutdown

return を入力

「ATSServer shutdown」と表示されたら次のコマンドを入力します。

$ atsutil server -ping

return を入力

「ATSServer is running」と表示されたら完了です。
ターミナルを終了し、念のためMacを再起動した上でFinaleの動作(表示)を確認してください。


また、上記の方法によっても問題が解消されない場合は下記の作業をお試しください。

その場合は一度アプリケーションを終了し、起動ディスクの「ライブラリ(あるいはLibrary)」フォルダの「Fonts」フォルダ内にある読み込めないフォントのファイル(Kousaku.suitやMaestro.suitなど)をダブルクリックしてください。

FontBookアプリケーションが起動し、そのフォントのサンプルが表示されますので、そのままウィンドウを閉じます。

上記作業を認識できないフォントの数だけ個別に実行してください。

また、上記にて問題の改善がみられない場合、フォントの重複が起っている可能性も考えられます。下記のURLも合わせてご確認ください。

http://www.finalemusic.jp/faq/faq.cgi?v=2012062018303927





矢印 一覧へ戻る


▲ページ上部へ