MI7 Japan

よくあるご質問(FAQ)


このページでは楽譜作成ソフトFinaleシリーズ各製品についてよくお寄せいただくご質問を掲載しています。
お調べになりたい情報のキーワードを入力し、製品のバージョン、プラットフォームなどを選択して「検索」ボタンをクリックしてください。


.
総登録件数:136件

[このページの使い方]
 
製品名:
OS:
カテゴリ:
.

Finale25 macOS Mojaveの動作に関して(2018/10/17更新)



対象製品: Finale 25
OS: macOS Mojave (10.14)
カテゴリ: [基本情報] [PC、OS関連]

Finale version 25.5をmacOS Mojave 10.14で用いる際、optionキーを用いて特定のフォント・キャラクター(é、âなど)を入力する際に強制終了となるエラーが確認されました。

この強制終了は、optionキー+文字キーでこれらの文字を入力する代わりに、「文字>挿入>キャラクタ」より必要なキャラクタを選択することにより避けることができます。

また、タイプ入力の際「option」キーを使用する必要があるサフィックスのコードを入力する際は、問題の回避を行うためにマクロ機能のご利用をお勧めいたします。設定は以下の通りです。

(1)「コードツール」を選択し「shift」を押しながら任意の数字キーまたは英文字キーを押下します。

(2)「コード定義」ダイアログが表示されますので、ルートはタイプして入力し、サフィックスは「詳細定義」を表示した上で「サフィックス」の「選択」より選択します。

(3)「OK」をクリックしてダイアログを閉じると割り当てが設定されます。

割り当てされたキーを押下しながら楽譜上をクリックし、コードの入力をお試しください。

*コードのマクロはファイル別の設定となります。

(2018/10/17更新分)




MakeMusic社でのテストではFinale 25.5においてMojave(macOSX10.14)のβ版で確認されていた問題をリリース版で解決されている確認されていることを確認しております。

弊社環境でもテストを実施しておりますが、現時点でFinale 25.5とMojave(macOSX10.14)環境に依存した問題は確認されておりません。

しかしながら、以前のOSのケースでもマイナーアップデートによる不具合の再発が起こる可能性もございます。
現状のOSで安定してご利用いただいている場合には、不要なOSの更新はお控えいただくことをお勧めいたします。

(2018/10/2更新分)




Appleは、macOS Mojaveオペレーティングシステム(バージョン10.14)を2018年9月24日月曜日にリリースを発表しています。

それに伴い、MakeMusicからのアナウンスでは、Finale 25.5に関しては複数の問題が確認されており、現状では、OSのアップデートは控えていただくことをお勧めしております。

MI7JapanでもOSのリリース後に動作を確認し、こちらのページにて動作状況の報告を行わせていただく予定です。

以下、MakeMusicの情報ページです。

the finale blog
https://www.finalemusic.com/blog/finale-and-macos-mojave/

次期バージョンとなるFinale 26に関しては完全に対応する予定です。

*2014以前のすべてのバージョンはOSX1011.6以降のOSには非対応となっております。

(2018/09/21)





矢印 一覧へ戻る


▲ページ上部へ