MI7 Japan

よくあるご質問(FAQ)


このページでは楽譜作成ソフトFinaleシリーズ各製品についてよくお寄せいただくご質問を掲載しています。
お調べになりたい情報のキーワードを入力し、製品のバージョン、プラットフォームなどを選択して「検索」ボタンをクリックしてください。


.
総登録件数:137件

[このページの使い方]
 
製品名:
OS:
カテゴリ:
.

旧バージョンのファイルが開かない(Mac)



対象製品: Finale 2014
OS: Mac OS X 10.9 (Mavericks) , Mac OS X 10.8 (Mountain Lion) , Mac OS X 10.7 (Lion)
カテゴリ: [不具合情報] [歌詞・テキスト]

Q:旧バージョンで作成したファイルで2014で開けないファイルがあります。どうしたらいいでしょうか。


A:恐らくは変換の際にフォントの読み込みなどタイミングでエラーが起こっている可能性が考えられます。

2012で開くことが出来る場合にはFinale2012でファイルを開き「書類」メニュー>「データチェック」>「フォント・ユーティリティ」を開き、「フォント・ユーティリティ」画面にて、「検索対象フォント」と「システムにないフォントをチェック」の2箇所にチェックを入れた状態で「OK」を押しチェックを開始します。
※新たにウィンドウが開き、楽譜内のフォント情報のチェックが開始されます。

システムにないフォントが検出される度にチェック画面が止まり、フォントの再指定を求めてくるので、その都度「フォント」リスト内から任意のフォントを選択して「OK」で画面を進めます。

完了後保存し「2014」で開くことが出来るかをお試しください。

問題が改善されない場合、恐らくは「発想記号」に日本語名のフォントを使用されている可能性があります。(こちらの不具合に関してはこちらをご確認ください。)
2012上にて暫定的にフォントを「Arial」や「Times New Roman」に設定した上でファイルを保存し2014で開く事が可能かをお試しください。


それでも改善が見られない場合には下記から言語が英語に設定されたFinaleのアプリケーションをダウンロードしこちらで開くことが可能かをお試しください。

http://ws.finalemusic.jp/data/Finale2014aE.zip

ダウンロードされたZipを解凍した上でアプリケーションフォルダにいれます。

ダウンロードしたアプリケーションを開く際に「〜は壊れているため開けません。〜」などエラーが表示される場合には、下記のURLの手順でOS側の設定変更をお試しください。

http://www.finalemusic.jp/faq/faq.cgi?v=2012122614552211



こちらのFinale2014を起動した上でファイルのコンバート、「フォント・ユーティリティによるチェック」を実行しファイルを保存します。

保存したファイルを日本語版で開くことが出来るかをお試しください。





矢印 一覧へ戻る


▲ページ上部へ