MI7 Japan

よくあるご質問(FAQ)


このページでは楽譜作成ソフトFinaleシリーズ各製品についてよくお寄せいただくご質問を掲載しています。
お調べになりたい情報のキーワードを入力し、製品のバージョン、プラットフォームなどを選択して「検索」ボタンをクリックしてください。


.
総登録件数:137件

[このページの使い方]
 
製品名:
OS:
カテゴリ:
.

Mac OS X 10.9の対応に関して



対象製品: Finale 2012, 2011, PrintMusic 2011, SongWriter 2012, NotePad 2011, 2012
OS: Mac OS X 10.9 (Mavericks)
カテゴリ: [PC、OS関連]

Q:Mac OS X 10.9の対応状況を教えてください。

A:現在開発元のMakeMusicにて下記バージョンのFinaleシリーズでの検証を行っております。

Finale 2012/2011
PrintMusic 2011
SongWriter 2012
NotePad 2012/2011

現状、上記のFinaleシリーズに関しましては Mac OS X 10.9 (Mavericks)上での動作検証では致命的な問題は確認されておりません。
* 2010以前のバージョンのFinaleシリーズおよび付属Garritan音源に関しては、10.7以降のOSには対応しておりません。

下記は現在確認されている注意事項となります。

・ アプリケーションの初回起動時に「Java Runtime」がインストールされている必要がある旨の警告が表示される場合があります。この場合警告に沿って「Java Runtime」のダウンロードインストールが必要となります。

・ ダウンロード版のインストールやアップデータのインストールの際に警告が表示されインストールが制限される場合があります。この場合、OSのセキュリティ機能(GateKeeper)の設定を一時的に変更しインストールを行ってください。

GateKeeper設定変更方法:
http://www.finalemusic.jp/faq/faq.cgi?v=2012122614552211

・ PC識別番号の変化によりライセンス認証が解除される可能性があります。OSのアップデートを行う際には、事前にFinaleのライセンス認証を解除した上で作業を行ってください。

・ 2011バージョンではアップデート確認ダイアログの設定が保存されないため、アプリケーション起動の度に設定ダイアログが表示されてしまいます。


また、予期しない問題が起こる可能性もございますので、現在製作中のプロジェクトがある場合などは、バックアップ環境がない限り確実に情報が出揃うまではOSの更新は控えて頂くことをお奨めします。

新たな情報が入り次第こちらのページにてご案内を致します。





矢印 一覧へ戻る


▲ページ上部へ