MI7 Japan

よくあるご質問(FAQ)


このページでは楽譜作成ソフトFinaleシリーズ各製品についてよくお寄せいただくご質問を掲載しています。
お調べになりたい情報のキーワードを入力し、製品のバージョン、プラットフォームなどを選択して「検索」ボタンをクリックしてください。


.
総登録件数:137件

[このページの使い方]
 
製品名:
OS:
カテゴリ:
.

開いたファイルのアーティキュレーションや発想記号が空の状態です。



対象製品: Finale 2007以降, Allegro 全バージョン, PrintMusic 2007以降, SongWriter全バージョン, NotePad 全バージョン
OS: 全OS, 共通
カテゴリ: [基本情報]

Q:開いたファイルのアーティキュレーションや発想記号が空の状態です。

A:開いているファイルは、MIDIファイルやスキャン入力、またはMusicXMLなどから変換されファイルではないでしょうか。その場合、一旦ファイルを閉じてから、以下の操作をお試しください。

1)
ファイル>新規作成>デフォルトの新規ファイル を選択して、新規デフォルトファイルを開きます。

2)
開いたデフォルトの新規ファイルをそのまま閉じます。


上記作業によって、アーティキュレーション記号や発想記号を含む関連ファイルが、正しく参照されるようになります。あらためて読み込みや変換などの作業をお試しください。

Finaleでは、MIDIファイルやまたはMusicXMLの読み込みや、スキャン入力などからファイルを作成する際に、デフォルトファイルである「Kousaku font default」を参照して楽譜を作成いたします。このデフォルトファイルは、操作内容などの必要に応じて適宜ユーザーフォルダー階層へと自動で複製されて参照される仕様となっております。
しかし、Finaleのインストール後に一度もデフォルトの新規ファイルを開いていない状態では、参照されるべきデフォルトファイルが複製されていないため、各種関連ファイルを参照できず記号などが空の状態となってしまいます。
上記手順にて「デフォルトの新規ファイル」を作成することで、ユーザー階層にデフォルトファイルが複製され、正しく記号などが表示されるようになります。





矢印 一覧へ戻る


▲ページ上部へ