MI7 Japan

よくあるご質問(FAQ)


このページでは楽譜作成ソフトFinaleシリーズ各製品についてよくお寄せいただくご質問を掲載しています。
お調べになりたい情報のキーワードを入力し、製品のバージョン、プラットフォームなどを選択して「検索」ボタンをクリックしてください。


.
総登録件数:137件

[このページの使い方]
 
製品名:
OS:
カテゴリ:
.

小節途中での音部記号変更



対象製品: Finale 2012, 2011, 2010, 2009, 2008
OS: 全OS, 共通
カテゴリ: [基本情報] [操作方法] [記号関係]

Q: 小節の途中で音部記号を変更したいが、以前まであった「音部記号の変更」ダイアログボックスの「小節の途中から変更する」項目がない。

A: バージョン2008以降仕様が変更されました。


音部記号を小節途中で変更する場合には、変更したい範囲を予め選択した上で、その中(青色に反転した箇所)をダブルクリックして「音部記号」ダイアログボックスを表示し、変更を行ないます。

音部記号

音部記号


※小節の途中から音部記号を変更したい場合には、小節を部分的に選択する必要があります。部分的に選択するには、小節の任意の箇所を小節の外側から囲むようにマウスをドラッグして選択します。

なお、上記方法でうまく操作できない場合には、マクロ機能での入力をお試しください。
------------------------------------------------------
<例>
「音部記号」ツールを選択し、数字キーの「1」を押しながら小節途中の任意の箇所をクリックすると、クリックした位置に「ト音記号」が表示されます。
「4」を押しながらクリックした場合は「ヘ音記号」となります。
------------------------------------------------------

初期設定でのキー割り当ては「音部記号の変更」ダイアログにてご確認ください。リストの音部記号の左上に割り当てされているキー表示されています。

割り当てを変更するには「shift」キーを押しながら割り当てたいキーを入力し、表示される「音部記号の選択」ダイアログにて記号を選択すると、入力したキーに対して選択した記号が割り当てられます。


*PrntMusic、SongWriter、NotePadでは機能制限につきこの作業を行うことは出来ません。





矢印 一覧へ戻る


▲ページ上部へ