MI7 Japan

バージョン比較

機能 2008以前 2009 2010 2011 2012 2014 version 25
64ビット対応
CoreGraphics対応
Human Playbackの処理速度向上
ReWire機能の搭載
パーカッション楽器タイプの選択肢拡大
大型拍子記号の簡単作成
キーボードとマウスを使った移調楽器の入力簡便化
点線スラー描画機能
すべての環境設定リセット
MusicXML互換性の向上
ユーザーマニュアルの改善、visual indexの日本語化
サンプルレート48000Hz以上への対応
バージョン2012形式のファイルに書き出し
パートリンク解除可能項目の追加
無調楽曲の作成
Garritanの音色追加
多声部での臨時記号と休符の処理機能向上
教育用ワークシートの追加
変形図形を拍に割り当て可能
簡単なパーカッションマップの設定
Unicodeテキストのサポート
スコア・マネージャー
Garritan音源の追加
MIDIセットアップの向上
ファイル移動先でのプレイバック
Music Education Resources
Finale Numericsおよびその他フォント
セットアップウィザードの向上
PDF形式の画像を挿入可能
PDF形式で書き出し
AlphaNotesフォントの改善
五線レイアウトの向上
歌詞の入力とスペーシングの向上
Finale PercussionおよびFinale Malletsフォント
パーカッションのプレイバックの拡張
カポ・コードの自動配置
グラフィックのインポート(新しいファイル形式 - JPEG、PNG、BMP、GIF)
簡単なコード入力
リハーサルマークの自動配列
スコア譜または楽譜の一部をグラフィック・ファイルとして保存(新しいファイル形式 – JPEG、PNG)
外部サウンドライブラリに対応(VST/AUインストゥルメントおよびエフェクト)
効率化されたワークフロー
SmartMusic伴奏をより速く作成
複数ページの編集
Tapspace Virtual Drumlineサウンド
拡張されたHuman Playbackに対応
オーディオの録音/インポート
カット/コピー/ペースト機能の向上
スコア・マージャー
パートリンク機能
ビデオに対応
ミキサー搭載
テンポタップ
オーディオファイルとして保存
リズムパターンの自動生成
ギター・タブ譜の向上
トレーニング・ウィザード
Band-in-a-Box自動ハーモニー

ページTOPへ