/
MI7 Japan

よくあるご質問(FAQ)


このページでは楽譜作成ソフトFinaleシリーズ各製品についてよくお寄せいただくご質問を掲載しています。
お調べになりたい情報のキーワードを入力し、製品のバージョン、プラットフォームなどを選択して「検索」ボタンをクリックしてください。


.
総登録件数:125件

[このページの使い方]
 
製品名:
OS:
カテゴリ:
.

OS X El Capitan対応状況に関して(2015/12/25更新)



対象製品: Finale 2014, PrintMusic 2014
OS: OS X El Capitan
カテゴリ: [基本情報] [PC、OS関連]

Q: OS X El Capitan対応状況を教えてください。

以下の製品はOSX 10.11 EL Capitan上で動作・対応しております。

Finale 2014 (2014dにアップデートする必要があります)
PrintMusic 2014 (下記のパッチプログラムを適用する必要があります)

Finale NotePad 2012(正式対応ではありませんが、動作を確認しています)


以下の製品はOSX 10.11 EL Capitan 非対応となります。

Finale 2012 以前(AU、HumanPlaybackが使用出来ません)
PrintMusic 2011以前(AU、HumanPlaybackが使用出来ません)
SongWriter 2012以前(特定のファイルでHumanPlaybackを使用したプレイバックが出来ません)


*****************************
(更新情報)

MakeMusicがAppleの協力の下で作成した、OS Xの最新版OS X 10.11.2上でPrintMusic 2014における下記の不具合を解消するためのバッチプログラムをご用意いたしました。

・「発想記号」、「アーティキュレーション」ツール、「コードサフィックスの選択」、「キャラクタの選択」などのダイアログを開くとクラッシュする。

これにより、OS X El Capitanでの問題が確認されておりましたFinale 2014およびPrintMusic 2014がOS X El Capitanに正式対応致しました。
*Finale 2014に関しましてはOSXを10.11.2以降にアップデートして頂く事で改善されます。
Finale2014dではこのユーティリティは必要ありません。

PrintMusic 2014では下記のURLからユーティリティをダウンロードし、解凍・実行(ダブルクリック)して頂く事で問題を解消するターミナルコマンドが実行され以降不具合が改善されます。

http://www.finalemusic.jp/faq/files/FixPrintMusicOnElCapitan.zip


マイページのPrintMusic2014の登録の「あなたへのおすすめ」の欄の[FixPrintMusicOnElCapitanのダウンロード]
空でもダウンロード可能です。



*ダウンロード後に解凍し、ダブルクリックするだけで自動的に作用し、特別な操作は必要ございません。

(2015/12/25 更新)


*****************************************************************

Appleが現地時間12月8日にリリースしたOS X El Capitan 10.11.2により、Finale 2014dで発生していた同OS上での下記の不具合が解決されました。

・「発想記号」、「アーティキュレーション」ツール、「キャラクタの選択」などのダイアログを開くとクラッシュする。

なお、同OSはPrintMusic 2014で発生している不具合には依然として対応していないため、開発元のMakeMusicでは現在、Mac上でのPrintMusicユーザーに向けた独自のアップデータを開発中で、これは米国において年末を目処に公開される見通しとなっています。日本語版につきましてもローカライズ準備を進めており、具体的なスケジュールが決まり次第、改めてご案内を行わせて頂きます。

参考ページ
http://www.finalemusic.com/blog/more-good-news-for-el-capitan-users/

(2015/12/11 更新)

*******************

2015年11月17日にMakeMusicにて「OS X El Capitan」対応を含むFinale 2014.5が公開されました。
日本語版に付きましても、ローカライズ作業の準備を始めております。現時点では具体的な公開日程のご案内を行う事が出来ませんが新たに予定が整い次第ご案内を行わせて頂きます。(2015/11/25)

*******************
2015年10月1日(日本時間)にMacの新しいOS 「OS X El Capitan」がリリースされる見込みですが、Finale 2014をはじめFinale シリーズでは複数の深刻な問題が発生する事を確認しています。(具体的には「発想記号」、「アーティキュレーション」ツール、「キャラクタの選択」などのダイアログを開くとクラッシュします。)

ダイアログを開く際のクラッシュは2014バージョンにて確認されている不具合となります。2012バージョンではこの不具合は発生しませんが、OSX 10.10と共通した不具合が発生します。

そのため、プレイバックにAUを使用する機能が搭載されていないSongWriter2012やNotePad2012では、この問題は発生しませんがHumanPlaybackを使用する事は出来ません。「MIDI」メニュー>「HumnaPlayback」>「使用しない(なし)」を選択する必要があります。

現状確認されている問題の改善が行われるまではOSのアップグレードを控えて頂きますようお願いいたします。

MakeMusicの発表では、現在Appleと協力して問題の解消に努めていますが、OS側での改善が難しい場合には今後のアップデータなどで修正される見込みとなっています。

また新たな情報が得られ次第、このページにてご案内いたします。

参考ページ:
http://www.finalemusic.com/blog/finale-and-os-x-el-capitan/


Finale 2012以前、PrintMusic2011以前、SongWrtier2010以前のバージョンに関してはOSX Yosemite (10.10)以降には対応しておりません。

詳しくは下記ページをご確認ください。
http://www.finalemusic.jp/faq/faq.cgi?v=2014101610340748





矢印 一覧へ戻る


カテゴリ一覧:

→アップデータ

→バージョンアップ

▲ページ上部へ